TOP広告エリア

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



フィスコのメールから気になった部分

一目均衡表では、来週11/15に「雲」の捻れが発生し、
「変化日」を迎える。変化日とは、現状のドル下落トレ
ンドが反転するか、反転しなければ、下落トレンドが加
速する日とされている。11/15は、米国会計基準の変更
(FAS157)レベル3問題で、金融機関が大幅な引当金の
積み増し(評価替え)を迫られる可能性が懸念されてお
り、また、年内のヘッジファンドの解約可能最終日(45
日前)に当たる日柄であり、予断を許せない丁年の混迷
が続く。


追記
今回のマジノ線(難攻不落と考えられているポイント)は、
8月16日の111.62円。
今回もマジノ線以上のレベルでは、まだ本邦からのドル買い需要がまさりそう。
スポンサーサイト
タグリスト
  一目均衡表   ドル円



現在、ポン円S保持。231でストップ。
FOMCまでにクローズしたら以下を参考にしたい。


松田哲のFXディーラー物語[ブログ]: ひとりごと---今回のFOMC(パート2)---

ドル金利引き下げが、実施されたら、
ドルを売れば良いだけ。

据え置きの場合は、
若干、ドルは、買われるだろうが、
そこは、取りに行かないで、様子を見た方が良い!

ドル金利据え置きの場合、
米国株式市場を注目する必要が、あるからだ!
米株が、崩れる場合、結果的に、ドル売りになる可能性が、ある!


ポンドは買いたくないので、ユロドルLかな。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。