上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>今年の8月よりも激しいパターンがきても、不思議ではありません。
がどの程度の激しさなのか気になるところ。

長期目的で110円を割ったら買い下がりしようかと思案中ですが、
100円割れもありえるのか。
やはり明確に上昇に転じてからエントリーした方がいいのか・・・



松田哲のFXディーラー物語[ブログ]: ---ドル円市場は、かなり、「ヤバイ状況」---【読者の方からの質問】

8月中旬のドル円の安値、111円台ミドルは、チャート・ポイントですが、
個人的には、
ドル円は、[109.00]アラウンドのチャート・ポイントに注目しています。

まだ、現状が、112円台なので、
目先、ちょっと、余裕(余地:Room)はありますが、
ドル円が、[109.00]アラウンドのチャート・ポイントを、下にブレイクすると、
[101円台]程度まで大きく急落する可能性があります。

まずは、111円台ミドルを下に割り込むか?

そして、テクニカルには、大して意味は無いと考えますが、
[110.00]はビッグ・フィギュア(大台)の要なので、
それ([110.00])を割り込むか?

現状は、112円台ですから、
まだ、大丈夫(Roomあり)かな・・・、
とは思うのですが・・・・。

[109.00]を割り込むような、クラッシュの場合は、
今年の8月よりも激しいパターンがきても、不思議ではありません。

少なくとも、111円台ミドルを割り込む場合は、
ドル円のロングは、「損切り」を行うべきです。

●個人的には、現状で、ドル円をロングで戦うのは、
 セオリーではない、と考えます。

●また、直近の114円ないし、117円程度で作ったドル円のロングを
 111円台ミドルを下に割り込んでから、損切りを行うのは、理解できます。

●コストが、120円台よりも上の、持ち値の悪いドル円のロングを、
 111円台ミドルを下に割り込んでから、損切りを行うのは、
 遅きに過ぎます。
 だから、それは、理解できません(理解する気もありません)。

●10円以上の損切りは、ドル円取引を行うに、
 (レバレッジが何倍であろうとも、)資金管理の面から、
 ルーズに過ぎる、と考えます。(=対応が誤り、と考えます。)


タグリスト
  ドル円   見通し


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hisofx.blog97.fc2.com/tb.php/60-806e9cbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。